×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児英語 教材

幼児英語教材セットは訪問販売で小さな子供のいる家庭にセールスマンが来ていろいろとその会社の
教材の素晴らしいところを説明し、実際に子供に触らせてみて喜んで遊ぶ姿をみせて営業トークをす
る場合がほとんどです。
しかし幼児英語セット教材の価格としては平均30万円から40万円と高額なものが多く、小さな子
供を持つ余裕のない若い夫婦にとっては購入は難しいので 欲しいけど無理だと一度は諦めるが、こ
の時期を逃してはいけないと考えローンを組んででも。と購入を選ぶ人もある。
だが、せっかく購入しても長続きしないうえ、英語教材セットは品物の数が多く、置き場所に困った
り、使わないとなると始末に困る場合が多く、部屋の隅の方に置かれたり、リサイクルショップに出
されたりオークションなどで売買されるのもよく目にします。
またいろいろな種類の教材が出回っているが、良い選び方というのはどうなんでしょうか?
それはまず、はじめてみないとわからないという面もありますが、子供が継続してできるかどうかと
いうとと、個人差があるものの確実に力がつくものが良いと言われています。
楽しくて できるようになるということを実感できるものが一番良く、ほんの少しでも英語学習に対
してよくない感情を持たせないというのが何よりも重要なポイントでもあるので子供が途中で嫌気が
さしても怒ったり絶対しないのも大切なことです。

幼児英語 習い事

幼児英語など、最近のほとんどの子供達は何かの習い事をし
ています。
習い事のランキングとしてはスイミング・英語教室・音楽教
室となっていますが、特に英語教室は幼児から高校生までの
どの年代にも必ず入っている習い事です。
何故、習い事を始めたかという理由としては親から勧められ
た。友達が行っていたから、あるいは行くことにしたから一
緒に。好きなことだから可能性を期待して。苦手なことなの
で克服を目的として。などですが、英語と音楽に関しては音
やリズムを身体で感じ、身体を動かしながら自然に覚えられ
るようにできるものがよく、耳から聴かせるものなので早け
れば早いほど良いようです。
ですから、普通、幼稚園に入る3歳から4歳頃からスタート
させればいいのかしら、と思われがちですが、早期教育のリ
トミックと同じ感覚で1歳や2歳からはじめても大丈夫です。
特に英会話に関しては聴ける耳を育てるというのが何よりも
重要ですので嫌がらず遊び感覚で楽しく覚えられるように子
供の気持ちをもっていけるのが一番です。
また幼児期に身についたものは簡単には消えないので小さい
ときから英語をはじめることによって時期的に恥ずかしがっ
て人前では話さない子供もいますが、中高生になったときに
は本人の意欲さえあれば すごい勢いで伸びる子もあるので、
何らかの理由で辞めたからと諦めないで嫌いにならないよう
にして後で能力をひきだしてあげるのも大切かもしれません。

幼児英語 歌

幼児期の子供達は身体を動かすことや歌が大好きです。です
から、英語の歌を聞かせるとすぐに覚えてしまいますので歌
は子供の英語教育には最適な教材となります。
英語の歌でまず必ずと言っていいほど使われるのがマザーグ
ースです。
例えばロンドン橋、キラキラ星、お誕生日おめでとう、メリ
ーさんの羊等、誰がも耳にしたことのある曲ですよね。
こういった歌が英語の発音とリズムが楽しんで歌っているう
ちに自然といつの間にか身についていきます。
またこういった音楽は高価なセット教材の一つとして購入し
なくても普通のCDを扱っているお店等で簡単に手にいれる
ことができますし、多くのテレビの子供の教育番組、ビデオ、
DVDなどにも収録されていますので、普段の生活の中でで
も自然とその音楽は耳にすることが多くなりました。
しかし、この時期の子供たちには一人で学習させるのではな
く、子供とふれあい親が一緒に歌を聴いたり、歌ったり、あ
るいは英語の単語を普段の生活に遊びながら使ってみたりと
いうことも大切なのではないでしょうか。
興味を持ってくれるかどうかわからない高い教材を買うより
は簡単に手に入って無理なく自然に英語が好きになってくれ
れば長続きもします。
楽しんで英語脳を作ってもらえたら何よりです。

Copyright © 2008 幼児英語・教材